PORT2401

運営スタッフ

野田 賀一(Yoshikazu Noda) センター長・チーフコミュニティマネージャー

略歴

1984年生まれ。青森県出身。二児の父。

宅地建物取引士。趣味は津軽三味線。

高校卒業後、航空自衛隊、生保営業を経て、2009年よりオフィス賃貸事業に従事。

コワーキングスペースや貸し会議室の店舗運営やオフィスビルリノベーション事業などを手がける。

現在は「不動産×企画でヒトとマチの新たな0.5歩を応援する」をミッションに掲げて、創業支援施設のコミュニティマネージャーを務めながら、埼玉県飯能市で新規事業作りや街のワカモノコミュニティ運営などのプロジェクトを手掛けている。

ひとこと

事業を始める方をサポートするPORT(港)として、起業を目指す方、仕事をしながら次のステップの準備をする方、学生のうちに起業したい方などに向けて「誰もが起業に挑戦できる施設」「起業の0.5歩を踏み出せる場所」にしたいと考えています。

“起業”という言葉に対して、特出した才能を持つひと握りの人によるリスキーな行為だという印象を持つ人は少なくないと思います。ですが、新しい事業を起こすことは自分らしく生きるための選択肢の1つだと考えて、いわゆる稼ぐ属性としての「経営者」を目指す方だけではなく、自己実現や社会課題の解決を目標に「まず何から始めたらいいのだろう」と考え始めた人も応援・支援することができる施設をイメージしています。

そもそも小さな起業は確実に事業化が進むとは限らないため、民間企業が支援の対象とするのはなかなか難しいと思います。だからこそ、自治体の施設によるサポートの意義があるのかなとも考えています。

自治体にとって街の活性化は大事なトピックの1つですから、地域から小さな起業家が持続的に生まれていく仕組みをぜひ作っていきたいです。